トップページ

ご あ い さ つ

 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。日頃より、いのうえ和行の活動にご厚情賜り、心よりお礼申し上げます。新型コロナウイルスへの対応が長期化するなか、市民の安心安全のために救急業務を遂行して頂いている救急隊員や医療従事者の皆さまに、心からの感謝を申し上げます。また自粛生活が長期化する中で市民の皆様のご協力に感謝を申し上げます。お陰様で、5月より総務常任委員会副委員長を拝命し、6月の定例会においては、通算4回目の一般質問の機会も頂きました。
山形市として、5月12日から高齢者向けのワクチン予約受付の電話が集中し、コールセンターへの電話が繋がりにくい事態となりご迷惑をお掛け致しました。そのため早々に予約方法の見直しや電話回線を増やし混乱解消を図り、高齢者の接種は順調進んでいるところです。また、ビッグウイングでの集団接種や職域接種等が開始され、更に『空き待ちバンク制度』を立ち上げ、65歳未満の市民の皆様にも接種できる機会を増やす事ができている状況です。7月14日の時点で、現在65歳以上の高齢者の1回目接種率は83%となっております。一時中止になっていた予約受付も再開し、新たに7月27日より集団接種として山形市保健所(霞城セントラル3階)・霞城公民館・東部公民館の3会場を増やし、市民の皆様に早期にワクチン接種が出来るような体制強化を図っております。
さて、この6月定例会では新型コロナウイルスワクチン大規模集団接種の経費などを盛り込んだ『2021年度一般会計補正予算等31議案』を原案通り可決、同意、承認しました。また、議会最終日には2人目の副市長の新任する人事案も全会一致で可決し、中核市としてようやく副市長2人制として更なる山形市の発展に向けて歩みを進める事ができます。
『健康医療先進都市』の実現に向けた取組を加速させると共に、感染症対策と社会経済活動の両立を図る街づくりが求められます。私は2年間の議員活動として培ってきた経験を活かすと共に、更なる精進と研鑽を積み“アフターコロナ”を見据えた山形市の更なる発展を目指すべく、佐藤孝弘市長と共に全力で市政運営に取り組んで参りますので、今後ともご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。

「人の和」とは
人と人との調和と信頼。
市民との「和」を「行」う

令和3年7月16日

山形市議会議員 井上 和行

山形市トライアスロン協会のホームページが出来ました! https://www.triy.org/